馬油で圧倒的に乾燥肌が改善できるって知ってる?乾燥肌を治したたった一つの方法

馬油のスキンケアの方法は、馬油で蓋をして保湿するのではなく、馬油をブースターとして使用します。馬油の成分に含まれている不飽和脂肪酸である「リノレン酸」はしっかりと角質層になじむため、その後に使用する化粧水や美容液等のスキンケアの浸透力を高めてくれるからです。特に乾燥肌に悩まれている方には、保湿の持続力も高いので、長時間しっとりとした美肌を保ってくれます。馬油は人の皮脂に最も近い成分とも言われているため、敏感肌の方にも安全です。

馬油のスキンケアの方法は、馬油で蓋をして保湿するのではなく、馬油をブースターとして使用します。馬油の成分に含まれている不飽和脂肪酸である「リノレン酸」はしっかりと角質層になじむため、その後に使用する化粧水や美容液等のスキンケアの浸透力を高めてくれるからです。特に乾燥肌に悩まれている方には、保湿の持続力も高いので、長時間しっとりとした美肌を保ってくれます。馬油は人の皮脂に最も近い成分とも言われているため、敏感肌の方にも安全です。

コストパフォーマンスは馬油の右に出るもの無し!

馬油の最大のメリットは効果に対してのコストパフォーマンスです。馬油はたくさん種類がありますが、純度100%のもので大体50グラム~70グラムの量が安くて1000円前後、高くて3000円位です。金額的には安いと思う人も高いと感じる人もいると思います。ただ、馬油の一回の使用量がびっくりするくらい少量でいいんです!量でいうと米粒3分の1~2分の1位で十分なんです。量が少ないと保湿力が弱まるのではと思いがちですが、多すぎると逆に肌のテカリが強まったり、ニキビや吹き出物が出てしまう場合があるので注意です。少ないと思うくらいの量でも充分すぎるぐらいうるおいを保ってくれるのでつけすぎないよう様にしましょう。一つ購入すると、顔だけなら一年以上はもちますし、なかなか無くならないと思う人は身体に使うのもおすすめです。もちろんその場合も少量でOKです。

馬油は万能!日焼け後のスキンケアや唇の荒れも!

馬油は保湿力抜群なのはもう言うまでもありませんが、うっかり日に焼けてしまった後のスキンケアにも有効なんです。元々馬油は火傷や切り傷などにも効果が高いものとして使われていました。日焼け後の肌というのは火傷等と同じで炎症を起こしている状態です。外部からの刺激を受けやすい状態の肌に馬油を使用して油膜を与えることで、空気や乾燥などの刺激から肌を守りながら傷んだ肌の回復を促してあげるはたらきをします。
更に唇にも効果的です。リップクリームで保湿してもなかなか改善しなかったひどい荒れが、馬油をうすく塗るだけで唇の皮がポロポロめくれてツルツルになりました。
馬油ひとつあれば色んな悩みを解決してくれるので、スキンケアでもあり常備薬にもなってます。

洗顔後にのばすだけ!いつものスキンケアも短縮!

馬油は今までのスキンケアはそのままにスキンケアの前の洗顔後の肌にのばすだけなので、ズボラな人にも続けられると思います。
そうお伝えするとスキンケアの前にひと手間増えると思いがちですが、実は馬油を使う事により減らせるものもあります。それは乳液やクリームです。
私は馬油を使い始めるまでは極度の乾燥肌に悩まされており、洗顔後は化粧水、美容液、乳液、クリームとフルライン使用していました。それでも時間が経つと乾燥してくることはなかなか解消できずにいました。ところが馬油を使い始めてからというもの、まずクリームが必要なくなり、更に乳液も必要なくなり、美容液も今までの使用量が半分でも良くなりました。馬油を使用することによりスキンケアの工程が減ったのです。肌が乾燥しなくなったことによりベースメイクも崩れにくくなったのでメイク直しの数も減りました。ズボラな人には是非お勧めしたいスキンケアだと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA