皮脂を溜めない洗顔方法が重要!リセットして清潔肌に。

お風呂タイムに、ジェルタイプの炭酸パックを使ってスキンケアをしています。毛穴よりも小さい炭酸の泡が余分な皮脂を浮かせてくれるので、洗いあがりがさっぱり。毛穴を引き締める美肌効果もあります。

また肌に二酸化炭素が触れると、肌が酸欠状態と判断して毛細血管内の血流量が多くなるそうです。これによりお肌の血行がよくなり、肌の色味も改善されます。血行がよくなるということは、隅々にまで栄養が行き渡るということ。一時的な改善だけでなく、肌の健康状態を長期的に改善できるスキンケアです。

洗顔以上の洗浄力+美肌効果の両方が得られる。

スキンケアにはそれぞれ役割があります。洗顔であれば汚れを落とす、化粧水であれば水分を与える、など。ですがこの炭酸パックは『洗浄』と『美肌』の両方の効果がありますので、洗いながらケアができるというメリットがあります。

洗顔後に肌が突っ張った感じがする、という経験をされたことがある方は多いと思いますが、炭酸パックの場合はケアをしながら洗うので、パック後に突っ張った感じが少ないのも特徴です。肌は洗った直後から乾燥しはじめていくので、突っ張り感が苦手な方にはオススメです。

そして美肌についても、何かを与えるタイプのスキンケアではなく、肌そのものの健康状態を改善するようなスキンケアなので、その場しのぎではなく本質的な改善を目指せます。

炭酸スキンケアをはじめたらするべきこと

私はよくお酒を飲むので顔色が悪くみられがちでした…。ですが定期的に炭酸パックでスキンケアをするようになってからは、周りの方からも健康的な肌色になったと言われます。実際に肌の色も、以前は青白かったのが、赤みがかってきたように思います。

また、元々乾燥肌だったので、秋~冬場は特にお肌が粉をふいたようにカサカサになっていました。ニキビもできやすかったと思います。ですが、お肌にきちんと栄養が行き渡っているからなのか、週に1回の炭酸パックスキンケアを始めてからは、肌のカサカサ感がなくなりました。

冬場に肌がカサカサになると、そこから肌荒れして血が出たりということもあったのですが、そういった肌トラブルも今ではありません。

ワンアクションで出来るスキンケア方法を選ぶ。

ズボラな人でもスキンケアを継続させるコツは、できるだけ『面倒なことをしない』ということです。張り切ってスキンケアを始めたものの、それが面倒であれば長くは続きません。できれば、“ワンアクション”で出来る、簡単なものを選ぶことをオススメします。

ちなみにジェルタイプの炭酸パックは、顔に塗って放置するだけなので、めんどくさがりの方でも継続的にスキンケアがしやすいと思います。

炭酸パックの中には、ジェルと顆粒を混ぜて炭酸を発生させるものなどもありますが、混ぜ合わせる作業などが面倒なので、結局長続きしなかったりします。塗って終わり!など、ワンアクションでカンタンに始められるタイプのものを選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA